トピックス

『2019から米中摩擦 ものづくりはやや減退』
2019年後半より、米中の経済摩擦の影響や欧米をはじめとする自国擁護の政策もあいまって日本国内の設備投資、製造業生産が少しずつ減少傾向を示し、日本国内の工業生産量はマイナス傾向を示していました。それに伴い、2019年の末にはすでに製造業での鉄鋼需要は減少傾向を示していました。しかし、オリンピックを目指した建築需要と国内の大型再開発案件は健在で国土強靭化計画などもあり、鉄鋼総需要は何とか堅調な基調にありました。が、ご存知のとおり、2020年2月より新型コロナウイルスの世界的流行がはじまり、ロックダウンなどもあり、生産活動は大きく減少しました。

『2020コロナで生産停止 原材料の動き止まる』
2020年上期には粗鋼生産も止まったこともあり、原料などの鉱物生産や副資材・スクラップなどの発生も全世界的に大きく減少しました。いったん落ち込んだ粗鋼生産や原材料供給は再開には数か月から1年単位での時間を要するものもあり、原料供給網は大きく断絶しました。
日本国内は、夏場にかけて鋼材需要も落ち込んだこともあり、流通業者間の過当競争も加速し、一時的に鋼材価格が少し低下しました。秋口からは国内の自動車生産に関わる鋼材需要がいち早く復活し自動車用をはじめとする鋼板の品不足がおこりはじめました。2020年3月から6月の鉄鋼メーカーの生産活動が抑制されたことによる影響が10月ごろから顕著になり供給不足の状態は潜行する形で進行しました。
ただ、自動車生産に直接的に関与する部分だけの需要復活でもあり、他業種には波及せず、鋼材市況は低迷を続けていました。品薄ではあるがそれを凌駕する全体の需要の低迷により鋼材不足は顕在化しませんでしたが、鉄鋼メーカーは品不足を理由にすでに生産活動再開とともに鋼板類をはじめとする値上げを始めました。

『中国需要は高騰 原料不足に』
2020年夏場よりコロナによる低迷が続く世界経済の中でいち早く中国だけが生産活動を活発化させ、経済発展を目指して中国国内の急激なインフラ整備の増加が始まりました。加えて地球温暖化抑制策として中国国内での鉄鋼生産の電炉転換も始まりました。
ただ、世界的には①に述べた米中摩擦は継続しており、北・南米や豪州からの原料やスクラップの中国への供給は途絶えたままでした。そのためアジア近隣諸国からの生産原料調達を目指し、TPPなどへの働き掛けも始めるなど分散調達を加速しました。コロナ前の水準で中国国内の鉄鋼生産は日本の約10倍であり、中国にとっての一部の原料調達は日本にとっては年間での生産活動をも左右する量になり、中国の調達により日本の粗鋼輸出は急増、スクラップ不足が加速しました。

鉄鋼新聞記事(中国市況高騰)

スクラップ価格の高騰(関東市況)

 

『2020.12月から日本国内価格急騰』
2020年12月後半からのスクラップ価格の高騰は20%ほどにのぼり、数年来で最も大きな幅になりました。そのため、鋼材メーカーの反応が一気に加速し、年末での各メーカーの値上げ幅は約5%~10%ほどの価格を断行してきました。
中国を始めとする海外の鉄鋼需要の増加は世界的なコロナ後の経済再開も見込み、衰えるよりは加速する方向にあります。
そのため、2021年初より、鉄鋼メーカー各社は値上げを加速させています。年初来の価格高騰は年末の上昇に加えて10%ほどにあたり、昨年よりの合計では20%ほどにあたる値上げが断行されています。鋼板類を中心とする品不足も徐々に顕在化してきており、2月から3月には一般の鋼材流通にも欠品する品物が顕著に現れそうです。

鋼材価格推移(最近の国内市況)2018~2021
鋼材価格推移2018~2021

鋼材価格推移(国内市況暦年)
鋼材価格推移暦年

 

『2021.1月~鋼材価格改定』
以上のような状況での弊社の対応ですが、2021年年初より昨年1年据え置いておりました鋼材価格をキロ当たり数円(約3%ほど)値上げさせて頂いております。
今後も仕入れ価格の上昇はメーカーの値上げがすべて敢行されれば上昇率は最大で20%ほどになるため、ほぼ同じ割合までは値段を上昇せざるをえません。誠に不本意ながら弊社アダチ鋼材(株)としても2月、3月と順次価格改定を段階を追って進めて参りたいと思います。
まずは、2月には約5%ほどの価格改定を、3月には状況を見てですが、もう一段の価格改定を行いたいと存じます。なにとぞご理解の上ご対応頂けますようよろしく願いたします。

今後の国内鋼材市況(日経)

 

『今後も価格上昇は続く』
上述のように、価格対応は進めて参りますが、お客様におかれましてはなにとぞ趣意ご理解の上、今以上のご高配を賜りますようよろしくお願い申し上げます。
昨年までにお見積り頂いております品物はお手数ですが再度お見積りをお願い致します。
先の受注に対してのお見積りは現状の価格でのお答えになりますことをお詫びし、実際のご購入の際にはお手数ですが再度のお見積りをお願い致します。
私どももお客様に安心してご購入を頂けますように、欠品などがなく供給を継続できるよう最大限に努力し、価格も下方変動が生じた際には即時対応し、状況に応じた価格で鋼材供給を継続できる企業であり続けられるよう不断の努力をして参ります。なにとぞよろしくお願い致します。

2021.1.25
アダチ鋼材株式会社
info@adachi-k.co.jp

下記URLにアクセスしてご覧ください。

▼アクセスマップページ
https://www.adachi-k.co.jp/accessmap

Webサイトをリニューアルしました!